ハイレゾが標準化の傾向にあり?マライア・キャリーの新作がハイレゾで配信

スポンサーリンク

マライア・キャリーの新作「Me. I Am Mariah…The Elusive Chanteuse」がHDTracksやe-onkyoで配信になりました。
サイトによって価格にバラツキがあります。

44.1kHz/24bit 17.98 USD ≒1,800円強

e-onkyo 44.1kHz/24bit 3,909円
e-onkyoさん、同じスペックで2倍以上価格差があるのはさすがにやりすぎですよ。

マライアのようなメジャーアーティストのハイレゾ配信が標準になってきました。
こうなると次は、価格の世界標準化とエリア制限の撤廃でしょうか。
このあたりが整備される頃には、ハイレゾが普通になっていそうです。

ちなみに、CDだとボーナストラックが入っています。しかし、ダウンロード版のみの曲もありますね。
微妙な仕様だ。
CD版のみの収録曲:America the Beautiful
ダウンロード版のみの収録曲:Me. I Am Mariah…The Elusive Chanteuse

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. zaking より:

    Mariahと全く関係なくて恐縮ですが、Enyaのハイレゾとか出ないんでしょうかね?
    Enyaってハイレゾ向きのアーティストだと思うのですが…

    • 名もない男 より:

      >zakingさん
      Enyaは絶対にハイレゾ合いますよ!
      Enyaも時代的にアナログ音源がないんでしょうね(涙)